MENU

昨今居住している賃貸住宅に思うイベント

ボクは一人暮らしの独身のサラリーマンだ。いるのは賃貸家で、最寄りのターミナルから徒歩で約半といった離れてはいるのですが、貸し賃が更に安いので私のような独身のサラリーマンや学徒に人気があるようで、満室となっていることが多いです。私の隣席に住んでいたほうが引っ越しをしたといった思えば、直ちにまた目新しいほうがやってきます。

 

このように貸し賃の安さでなかなか人気の賃貸家ですが、ボクは手早く転居したいビジョンが激しいだ。何故なら鬱積に感じていることがあるからです。いくつかあるのですが、中でもそれほど鬱積を感じているのが調音に関してだ。どうも隣人との妨害が大変ないようで、話し声は一心に聞こえます。

 

またクシャミだったり、入浴をしているやり方だったりなどについても調音が流れるので、建物に居るとめったに抑える雰囲気ではなく、ゆっくりと休めないケースとなっています。貸し賃の安さは確かに大変魅力的です。但しこのような賃貸家では長く生涯したくありません。