MENU

その時代を通じて土の価格も生まれ変わる特徴がある

土は、その階層にて単価が変わる事を知りました。去年は100万円安かったけど、今年は200万円も高くなるという事があります。

 

経気が良ければ、より高くなるのです。今よりも30階層ほど先ほどが、その土が倍以上した時もありました。ダブルどころか、3倍以上もしたのです。

 

そう思うと、今の土の単価は安くなったなあと思います。駅舎もくらい、人生も便利な場所にありながら、2000万円前後で買う事ができます。

 

都内ならば、いやに細い土も5000万円前後で貰う顧客もいます。そういった小さい土も、賢く客間総和を粗方やれる民家を組み上げる工夫をしています。

 

地中まであったり、3階層建てとして客間を増やしています。その3階層建ても、敢然と耐震工事が施されています。お隣振動に強い組み立てを考えていたり、実態を強化していたり行なう。

 

日本の土は、海を埋め立てた土が多いので、そういったノウハウを通して答えを考えて掛かる建物や戸建ても多くあります。

 

そういう民家の方が、どんどん安心して住めるなと思うのです。