MENU

自分の理想の家を建てて住めたでしょう

住宅分譲地が売りに出されて見学に行ったけれど、購入しなかった経験があります。
場所や環境が気に入り見学に行き、早々に行ったので気に入った区画があり、ほとんど決定しかけたのですが断念しました。

 

理由は、その土地の歴史にありました。
日本のような狭い国土でそんなことを言うのはナンセンスと言われるかもしれませんが、昔そのあたりはどんな場所だったのかを調べてみたのです。

 

すると、そこは古くは池だったことがわかりました。
池を埋め立てて土地にし、そこを何に使っていたかというと墓地だったことがわかったのです。

 

もともとが池ならば地盤の沈下の恐れがありますし、湿気もきっとよそより多いでしょう。
墓地だったのなら、まだ成仏できていない魂もあるかもしれません。

 

知らなければ素敵な場所ねと購入し、自分の理想の家を建てて住めたでしょうが、やめました。
土地を購入する場合、そこが自分達に縁もゆかりもない土地なら、調査しなければならないと思いました。

 

軽い気持ちで思いついた調査でしたが、有意義な経験でした。